12512588_915440298576594_5743626253216649664_n

ふらない ふらない 言っていた雪が、ようやっとふりました。

きらきら星でもここぞとばかりにゆきあそびに興じました。

12417925_915433041910653_4406561071150017540_n

ちいさな丘、おおきな丘。丘を見つけるとすべりたくなります。

12509903_915432981910659_1175805177171302708_n

すべり方も工夫します。そり二台連結。

12549058_915432971910660_6333474444273230097_n

霜柱を詰めていたこの子も、本物の雪で雪玉作りができました。

先週の雪は冷たく締まっていて、お天気がよくなってもびしゃびしゃせず、ゆきあそびには最適。子どもたちは、ジャンプ台を作ったり、ゆきだるまをつくったり、雪山のてっぺんでおままごとをしたり。あきることなく遊びます。

12512707_915433011910656_441084517550917576_n

たくさんあそんだあとのお弁当は、そりの上で。

12495047_915432928577331_7566243464838487802_n

この子たちは、なぜこんなにゆきをたべるのでしょう?

未満児クラス「ゆきたべ組」の名前の由来にもなっている「ゆきたべさん」の姿が、毎日見られました。一応、おなかが痛くなるよ、と小言は言いますが、効力はありません。

1497466_915439441910013_6336250888094566547_n

ゆきから二週間。森の中にはまだ雪が残り、動物の足跡やふんが見つけやすくなっています。もうすでに「またゆきふらないかな〜」と心待ちにしているきらきらのこどもたちです。

 

(ナカゴミ)

ゆきあそび