きらきら星新年度がはじまって、はや1か月たちました。

パソコンが苦手なもので、、、、なかなか近況がお知らせできずすみません。

今日は今年度初めての自然塾。

そろそろたまちゃんの季節かな、と思って、出がけに魚の網とバケツを用意する。

たまちゃんとはおたまじゃくしのこと。

去年4匹ひろって、2匹ケロちゃんになったので、今年もわくわく。

さっそく池に行くが、まだたまちゃんはいない。

さすが自然塾、標高が高いのでまだ寒いのだ。

「いないねぇ。」とそのとき、たまちゃんが横切った!!

ある子が網を池に入れてだすと、たまちゃんが入っていた。

年中の男の子が一匹のたまちゃんを持って帰ると言う。

これから山道を歩くのに、たまちゃんにとってビニール袋の中というのは、これ以上ない過酷な環境だ。

帰りにもう一回取ったら?というと、「このたまちゃんがいい!」

気持ちはわかる。

じゃあ、もっていこう。途中何度も「たまちゃん、いきてるかなあ?」と確認。

お昼のあと、あめんぼをみつけた。

「たまちゃんと一緒に入れて。」

一緒にいれると、顔がぱあっと輝いた。

「お友達なんだよ。もう寂しくないよー!」

彼の家で大きく育ちますように。