久しぶりのブログになりました。

今日は寒い中、ふるさと自然塾で野外炊飯。

メニューはほうとう、暖かいご飯が食べたいね、焼き芋したいねー、りんごの差し入れがあったりで、豪華なお昼になりました。

ハイライトはほうとうに入れる麺作り。細長く伸ばすのは難しくて、丸くちぎったかたちになりましたが、おいしかったです。

小さい子には粘土遊びの感覚を、大きい子にはきれいな形にすることを目標にして、それぞれが楽しくできました。

最近、感じるのは小さい子たちのたくましさ。包丁を出せば「やるー。」水をくみにいくよ、と言えば「行くー。」皿を洗っていれば「やりたい。」

お友達とも、「一緒にいこー。」なんて手をつないだりして、、、

お兄ちゃん、お姉ちゃんたちを見ていると、自然にこうなるのか?

そういえば、山に行くときも自分のリュックをしょって、張り切っている。

自分も仲間、一員という意識がちゃんとある。

森のようちえんで異年齢保育をして、初めて気付いたことである。

この子たちがどうやって育っていくのか、楽しみ。

 

3月までの予定を載せました。飛び入りで楽しい企画が入るので、ぜひお問い合わせの上ご参加ください。

 

野外炊飯