先日、木曜日に野外炊飯を行いました。
メニューは子どもが決めるということで、オムライスとクッキーで意見が別れ、まとまらず二つ作ることになりました。
私としては、一つに決めてみんなで作って欲しかったので、もう少しうまくまとめる方法はなかったものかと反省。
最後に”自分たちで作ると言ったんだから、用意から作るまで自分でやろう”と伝えました。
当日、どうなることか、と思いましたが、、、
みんなそれぞれ準備万端の様子。
K君とSちゃんはたまねぎを切るように水中眼鏡を持参!!
3歳のS君はクッキー派、昨日の帰りにお母さんに「牛乳買っていく。」と言ったそうです!
火が起きると、子どもたちはそれぞれお仕事開始。
みんな自分の完成品のイメージがあるらしく、かなり頑固な場面も見られましたが「自分でやる!」という気持ちを大切に、見守る、見守る。
そして、無事完成!!
穏やかな子どもたちの顔を見て、無理に一つにまとめなくて良かったのかも、と思いました。
特に今回のような好みの問題では、意見を一つにまとめるということは、誰かが我慢すること。
今も、この先も、我慢しなければいけないことはいっぱい。たまにはこういうこともいいのかな。
きっと次回の野外炊飯でも、また違った成長を見せてくれることでしょう。

野外炊飯

One thought on “野外炊飯

  • 2011年10月23日 at 7:17 AM
    Permalink

    参加して思った事

    みんなで作ることと自分の好きな物を作ることは目的や学びが違っているのだな~
    と参加して思いました。
    今回は、じぶんのやったぞー という気持ちがみんなに現れていてすこく美しかったです。
    わたしは Sくんの姿に感動しました。最後まで自分流にこだわり 自分のものを大切に食する姿をみて大切にしたい事だな~と。。。。

    ありがとうございました。

Comments are closed.